処理フロー・Q&A|関東化学株式会社は廃棄レントゲン・製版フィルム処分業者です。

処理の流れ・Q&A

処理の流れ

処理の流れ

完全リサイクル
廃棄レントゲンフィルムなどプラスチック類は、当社焼却炉にて焼却いたします。
その焼却灰には銀が含まれるため、そのまま精錬をします。
その後、銀とハイプラスチックとに分離され、銀は貴金属会社へハイプラスチックは最終処分場にて再度精錬されて、道路路盤材として売却されます。

よくある質問

レントゲンは紙とフィルムに分別してから渡さなければいけませんか?
分別の必要はございません。当社のスタッフが荷造りから行います。
面倒な分別、梱包などは一切必要ございません。
保存期間が過ぎた(不要になった)レントゲンフィルムを処分したいのですが、個人情報の漏えいが心配です。
当社はプライバシーマーク取得業者として個人情報の保護を主体とし、また独自のシステムにより引き取りから焼却処分まで一貫して行っております。患者様の大切な個人情報をしっかりと守りながら、確実にその個人情報を滅失させます。

ご心配な点がございましたら、工場見学も行っておりますので、実際の処理の流れをご覧いただき、納得していただいてから処分を依頼しても結構ですので、お気軽にお問い合わせください。
その他、廃棄レントゲンフィルム・製版フィルムの回収・処分に関するご不明点は、何でもお気軽にお問い合わせください! 特別産業管理廃棄物・廃棄レントゲンフィルムの処理なら KANTOU CHEMISTRY 関東化学株式会社 Tel.042-557-5408 メールでのお問い合わせ
ページ上部へ戻る

収集運搬品目

KANTOU CHEMISTRY 関東化学株式会社 許可:東京都産業廃棄物処分業 1320002307 住所:〒190-1221 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎字松原1623 会社案内はこちら

ホームページ作成を検討中の方へ