処理フロー・Q&A|関東化学株式会社は医療廃棄物・特別管理産業廃棄物などの処分業者です。

処理の流れ・Q&A

処理の流れ

処理の流れ

よくある質問

医療廃棄物の専用容器はどういうものですか?
医療廃棄物の容器は用途によって色々なものがあります。

たとえば、注射針などを処分する場合は針先で怪我などしないようにするため小型のプラスチック製の容器に入れてそのまま焼却炉に投入します。
その他感染するおそれのある、治療後の血の付いた脱脂綿やチューブなどもプラスチック製の容器に入れてそのまま焼却炉に投入します。
また、おむつなどを入れる段ボール箱などもあり、中に厚手のビニール袋を敷いてその中に入れます。
尚、容器は当社にて取り揃えています。病院・医院様の用途によってどの容器が良いか相談させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
特殊な薬品などの処分はどのようにすれば良いですか?
薬品の種類によってそれぞれ成分が違います。

その薬品の※製品データシート(MDS)があれば一番良いのですが、もしなければ、まずはその薬品がどの用途に使われているのか、揮発性が高いか低いかなどをお聞きします。
古い薬品や、表示ラベル等がはがれている薬品でどういうものか解らない場合は、少量のサンプルをいただくことがあります。まずは、お問い合わせください。

※製品データシートはお買い求めのメーカーにお問い合わせいただければ取り寄せられます。
その他、医療廃棄物・特別管理産業廃棄物の回収・処分に関するご不明点は、何でもお気軽にお問い合わせください! 特別産業管理廃棄物・廃棄レントゲンフィルムの処理なら KANTOU CHEMISTRY 関東化学株式会社 Tel.042-557-5408 メールでのお問い合わせ
ページ上部へ戻る

収集運搬品目

KANTOU CHEMISTRY 関東化学株式会社 許可:東京都産業廃棄物処分業 1320002307 住所:〒190-1221 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎字松原1623 会社案内はこちら

ホームページ作成を検討中の方へ